PAGE TOP

アセローラにはいくつかの種類があり、大きく分けて甘味系と 酸味系があります。
アセローラフレッシュでは、1958年にハワイより導入された 甘味系の生でも食べられるアセローラを使用しております。 一般的に知られているビタミンCの豊富さからすっぱいというアセローラの味のイメージに比べ、爽やかな酸味とほんのりとした甘味があります。

アセローラフレッシュは、土地をいかした栽培方法を長年にかけて確立し、良質なアセローラづくりに取り組んでいます。 本部町の特徴的な土壌と、沖縄では珍しい昼夜の寒暖差がある環境のなか、太陽の光をたっぷりと浴びるよう露地栽培で丁寧に剪定作業を行い、大切に育てています。 本部町は酸性~強酸性の国頭マージと弱酸性~弱アルカリ性からなる島尻マージの2 つの土壌が混在し沖縄には珍しく昼夜の 寒暖差のある環境が特徴です。 このような良質な果実の栽培に適した土地で、アセローラは水はけの良い斜面にハウス栽培で なく露地栽培で、太陽の光をたっぷりと浴びて育てられています。

アセローラの赤い一粒は、2cm ほどの大きさですが果物の中ではナンバーワンの ビタミンCを含有した非常に優れた栄養素を持つ果実です。100 グラムあたりのビタミンCは、レモンの約34 倍も含まれ、他にもビタミンEやベーターカロチン、葉 酸や銅などといった栄養成分、最近は、ポリフェノール(アントシアニン)が注目されています 人はビタミンCを体内で作れないため、15 歳以上の成人では1日の摂取の推奨量が 100mg(2015 年版食事摂取基準)と設定さており、通常の食事による過剰摂取の 報告はないため、許容上限量は定められていません。

ビタミンCは壊血病を予防する成分として発見されました。毛細血管・歯・軟骨な どを正常に保つ働きや皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用、ストレス、 風邪などの病気に対する抵抗力を高める働きがあります。 また、近年アセローラの鮮やかな赤色に含まれるポリフェノールには、ビタミン C との相乗作用で、体にたまった活性酸素類を除去する効果があることが知られており、 高血圧や糖尿病といった生活習慣病やがん、美肌、眼精疲労、筋肉疲労回復の効果、予防が期待されています。



アセローラフレッシュは、アセローラの真っ赤なパワーにこだわっています。 アセローラの鮮やかな赤色から多種多様なポルフェノール成分が含まれています。 ポルフェノールには、体にたまった活性酸素類を除去する効果があることが知られており、 メラニン抑制の働きや動脈硬化、糖尿病、がん等といったいわゆる生活習慣病に対し予防 効果がある天然成分として近年注目を浴びている成分です。 アセローラポリフェノールの成分の中でも注目されているのがフラボノイドの一種である アントシアニンとケルセチンの強力な抗酸化作用でビタミンCとの相乗作用と効果が注目され ています。

美容・健康効果の高い成分が豊富

果実の中でダントツの天然ビタミンCを含量するアセローラ

他にもビタミンA、αカロテン、βカロテン、アント シアニンといった特徴的な栄養成分もあり免疫力を高め美白、美肌効果や風邪、高血圧、がん、眼精疲労、 筋肉疲労回復の効果、予防が期待されています。



イカとマグロのタルタル
~ アセロラジュレ ~

さっぱりサラダ温麺
アセロラ風

爽やかな酸味が美味!
生春巻き

アセローラソース
おからナゲット

豆腐白玉
あんみつ